直接法による月次のキャッシュフロー計算書を簡単に作り、中小企業の経営に役立てよう

FAQ(よくある質問と回答)

よくある質問と回答

一般的な【Q&A】


質問回答
Q1.『金流先生』の一番の特徴はなんですか?A1.決済状況報告型のキャッシュフロー計算書を作成する、という点です。
  一般的にキャッシュフロー計算書は現金等のフローに着目して作成されています(現金等分析型)。
  しかしそれだと、他の決済手段による取引(例えば売掛金と買掛金の相殺取引)はキャッシュフロー計算書に表示されません。
  『金流先生』は、経営に役立つキャッシュフロー計算書の作成を、第一の目的としていますので、他の決済手段による取引もキャッシュフロー計算書に反映させるべき、という発想を取っています。
Q2.『金流先生』を利用することによってどのようなメリットがありますか。A2.『金流先生』は、試算表からタイムリーにキャッシュフロー計算書を毎月作成できます。
  又、『金流先生』は顧問先の社長に理解してもらいやすい直接法によるキャッシュフロー計算書を簡単に作成できます(もちろん間接法も、同時に作成できます)。
Q3.『金流先生』は他社のキャッシュフロー計算書作成ソフトとどこが違うのでしょうか。A3.『金流先生』は、投資家への報告用のキャッシュフロー計算書ではなく、経営に役立つキャッシュフロー計算書の作成を目的としています。
  『金流先生』は、公開企業が財務諸表の一つとして報告・開示が義務付けられている「連結キャッシュフロー計算書」ではなく、単独企業の経営管理資料として個々の企業にマッチしたキャッシュフロー計算書が作成できます。
Q4.『金流先生』は、一般企業には販売しないのですか。A4.『金流先生』は、会計事務所向けに開発しましたが、一般企業でも利用できます。一般企業の方も是非ご検討下さい。また一般企業としてのご意見をお寄せ下さい。



★「金流先生」の使い方についての【Q&A】はこちらです。



powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional